面接は回答が全て、と思うかもしれませんがそれ以前にマナーのある人を採用したいとどこの企業でも思うことです。

派遣労働者の面接等について
派遣労働者の面接等について

面接の基本について。

面接は回答が全て、と思うかもしれませんがそれ以前にマナーのある人を採用したいとどこの企業でも思うことです。そして、面接にはそれなりのマナーと自分の予備知識が必要になってきます。まず、面接で入室する際はノックを三回にして下さい。ついノックは二回したくなってしまいますが、常識的に二回のノックはトイレの際に使う回数になりますので、ノックの回数も知らない社会人、と思われてしまいます。次に質問に答える時間は長くても一分以内に留めて下さい。それ以上話していると回答にブレが生じたり、相手に結局何も考えていない、と思われてしまいます。なので、回答は簡潔に分かりやすくを原則にしてください。次に面接官がもっとも重視していると言われるのは志望動機です。これはその企業をどれだけ知っているのか、研究したのかが分かる質問でもあります。

主に複数の企業に面接を受け吊る場合、志望動機の構造が曖昧になりがちです。例えば、面接を受ける企業比較対象として考えると志望動機も明確になってきます。最後に退出時にはきちんとお礼を伝え、ドアを閉める際もお礼を再度伝えます。入室、面接の回答、退出、この流れに気を配れるようになれば、面接の基本はできていると言えます。
Copyright (C)2017派遣労働者の面接等について.All rights reserved.