中途採用の選考は、書類選考と面接がメインです。

派遣労働者の面接等について
派遣労働者の面接等について

転職面接で筆記試験が行われることが多い

中途採用の選考は、書類選考と面接がメインです。しかし、ここ最近筆記試験を盛り込む企業がかなり増えてきました。この筆記試験は、書類と面接を補完するものと位置づけられています。さらに、出来る限り客観的な判断材料を増やしたいと言う思惑もあります。試験に対してそこまでシビアに考える必要はありませんが、結果があまりにも悪ければ不採用になるので気をつけましょう。また、応募者が殺到する企業では、ふるい落としのために筆記試験の点数を重視することがあります。筆記試験があることを事前に告知する企業もありますが、全く告知をしない企業も存在します。

ですから、最初から筆記試験はあるものだと考えて、いつでも対処出来るようにしておきましょう。ところで、筆記試験はどう言うものか気になる人もいるでしょう。筆記試験は、一般常識や専門知識を問う試験、能力と性格の適性検査です。一般常識は意外と常識と思っていたことが、常識ではなかったと言うことがあります。きちんと勉強をしておいた方がいいです。市販されている一般常識問題集に目を通しておきましょう。また、時事問題もよく出題されます。日頃から新聞には目を通し、政治経済などに興味を持つことが大切です。

注目情報

Copyright (C)2017派遣労働者の面接等について.All rights reserved.