面接では自分をしっかりと売り込んでいくことが大切なことになります。

派遣労働者の面接等について
派遣労働者の面接等について

面接で伝える志望動機には自分の立場の理解が重要です

面接では自分をしっかりと売り込んでいくことが大切なことになります。そのために重要になるのが、どうしてその企業を選んだのかということです。所謂、志望動機です。ここに力を入れることによって、その企業に対する強い思いを伝えることが出来ます。

志望動機を考える場合には、自分が置かれている立場を考えることを忘れてはいけません。例えば新卒の場合は、新社会人として新たに社会に加わる立場だということを意識することが大切になります。新社会人とは社会人としての経験がないということです。そういう立場の人は、即戦力として期待されることは少なくなります。ですから、企業としても、ある程度の時間を掛けて育てていくという姿勢を持っていますので、それを理解している志望動機が有効になります。具体的に言うと、長い間働ける職場として魅力を感じているというような動機を選ぶということです。短期的な視点で魅力を感じているという印象をもたれてしまうと、長い時間を掛けて教育しても戦力となる頃に退職をされてしまうのではないかというリスクを感じられてしまいます。そういったことを避けるためにも長い期間働く職場として魅力を感じていることを伝えられる志望動機を選ぶ事が重要になります。

注目情報

Copyright (C)2017派遣労働者の面接等について.All rights reserved.